レンタカーの貸出と返却の流れをまとめてみた




ネットでレンタカーを予約できた!
でも、当日店に行ってからどういう流れで貸出が行われるの?

1.レンタカー貸出店舗での手続き


お店に着いたら、まずは予約時の名前と予約時間を伝えましょう。
そのあと、指示に従って免許証の提示と住所・電話番号の再確認、料金支払いを済ませます。
この時に、運転者が複数いる場合はその旨をお店の人に必ず伝えましょう。会社によっては、運転者全員の電話番号と氏名の記入を求められることもあります。

2.貸出前のレンタカーの傷チェック

手続きが済んだら、お店の人とレンタカーの傷チェックを行います。
貸出前と返却後の傷の比較を行うことで、その傷が利用者がつけたものかどうかを判断するために必要な作業です。

実はこの傷チェック、利用者にとってもレンタカーの貸出作業において最も大事なことなんです!
もし利用者が車両に傷をつけた場合は修理代を支払わなければいけません。
その傷が本当に自分がつけたものなのか、もしくは貸出以前からあった傷なのかを証明するために、貸出時の傷チェックは非常に大事です。

特に、車の四隅とミラー、ドアなど擦りやすい部分は念入りに傷がないかチェックしてください。
貸出時にすでに傷があった場合は、お店の方が書類にそれを記載してくれます。自分が見つけた傷とお店の方が見つけた傷の箇所があっているかどうか確認するようにしましょう。

レンタカー傷チェックで、特に注意して見てほしいポイントをまとめました。赤丸で囲んだ部分は傷をつけやすい部分です。

3.車の引き渡し

傷チェックが済んだら、もう車はあなたのものです。
運転に関する注意事項をよく聞いて、安全にドライブを開始してください。

レンタカーの保険についてはこちらを参考にしてください。

4.返却前にガソリンを満タンにする

どこのレンタカー会社もガソリン満タン返却が基本です。※例外あり
返却店舗の近くのガソリンスタンドでガソリンを満タンにし、必ずレシートをもらってください。

5.レンタカー返却

レンタカーを返却する際は、まず返却店舗の前もしくは近辺に車を停めて、お店の人に返却の旨を伝えてガソリンスタンドのレシートも一緒に渡しましょう。
この時、エンジンはかけっぱなしでokです。鍵も車の中に置いておきましょう。

お店の人が車の傷チェックを行いますので、その間に車の中に置いていた荷物を片付けておきましょう。
傷チェックに問題がなければ、返却手続きは完了となります。

コメントする コメントを残す

コメントを残す